和鍛の作り

地金をたたき、ローラーで延ばし、円形にロー付けする手作り製法や、

型に溶かした地金を流し込んで成型する鋳造製法など、結婚指輪の作り方にはいくつかの種類があり

それぞれの良さやデメリットもあります。


和鍛は国内メーカーの鍛造製法で作られており、長く使い続けるための強度や着け心地の良さにもこだわっています。




内側から外側へ、地金を強力な力で整形していくことで、地金の密度が高まり

丈夫な指輪になっていきます。


密度が高まった地金を削り出して、指輪のデザインを成型していきます。


もともと柔らかいプラチナや金などの貴金属を丈夫にするために、このような圧縮工程を経ることで、和鍛は作られていきます。

さらに切削工程を経てデザインが施されていきますので、鍛造削り出し製法ですと直線的デザインが多く、

ともすれば、「ゴツイ」、「男性的」な指輪になりがちでした。

”丈夫な指輪にしたいけれど、デザインが曲線的なものや、繊細なイメージの指輪が欲しい”

そういった女性様たちにもなじむ鍛造製法の指輪。

それが和鍛です。